虫歯の治療・審美歯科

虫歯治療の方法にはいろいろありますが、基本は「取り除く」ことです。穴が開いてしまった状態では自然治癒しません。エナメル質が溶け出していない場合はもう一度石灰化(再石灰化)して元の健康なエナメル質に回復することもありますが、基本的には細菌に犯されてしまった病的な歯質は取り除く必要があります。

◆◆◆虫歯治療の方法◆◆◆
明らかな実質欠損を認める場合は、残念ですが歯を削らざるを得ません。また、C3以上の虫歯になりますと、いわゆる歯の神経を取り除くことも必要になり虫歯治療としてはかなり厄介です。ですが、歯根が健全な状態であれば根気よく加療することで機能的な歯に修復することが可能です。あきらめて放置しないで頑張って通院しましょう!

◆◆◆つめる、はめ込む、被せる◆◆◆
虫歯治療には大きく分けて3つの方法があります。それは「つめる」「はめ込む」「被せる」の3つです。

 

◆つめる◆

虫歯の範囲が狭い場合で、通常は一度の処置で治療は完了します。

 

◆型を取ってつめる(はめ込む)◆

虫歯の範囲が広い場合は、型を採る必要があります。最低でも二回以上の治療回数がかかります。

 

◆被せる◆

虫歯の範囲がさらに広い場合は、型を採り被せる必要があります。最低でも二回以上の治療回数がかかります。

   

【つめる

 konnpojitto-1.jpg 虫歯の部分を削った後に歯科用プラスチックをつめる方法です。

 

 

 

 

 

型を取ってつめる(はめ込む)

ハイブリッドセラミックインレー

  haisera-1.jpg

ハイブリッドセラミックインレーとは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレー(詰め物)です。

ゴールドインレー

hokenngai-innre-.jpg金合金で作られたインレー(型を取ってつめるつめ物)です。
貴金属は非常に錆びにくいため、金属の溶け出しによる金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなります。

 

銀の詰め物(メタルインレー)

innre-1.jpg主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属のつめ物です。

 

 

 

【被せる

 

ムシ歯のあとをキレイに治療する方法の一つで、大きなムシ歯による歯の損傷にも効果的です。必要最低限の歯の表面を削り、歯の前面にクラウン(冠)をかぶせ、固定します。歯の色、形、少しなら歯並びなども整えることも可能です。

:こんな方におすすめ: 

  • 差し歯が変色してしまっている
  • 重度の虫歯をキレイに治療したい
  • 歯茎の黒ずみが気になる

 [治療例]

セラミッククラウン

 

    治療前                           

             

         

変色例

 

 

 

        

 

      治療後

    

 

 

 

 

以前に、治療を行った被せ物が、吸水性があるため、臭いがついたり、変色することがあります。セラミックは吸水性がないため、臭いも変色もなく長く美しさを保ちます。

 

 

 

ハイブリッドセラミッククラウン

hybrid-ceramic-crown.jpgセラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウンです。セラミッククラウンよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。セラミッククラウンと比べると経年的な変色は、少しありますが比較的長く美しさを保ちます。

 

金歯(ゴールドクラウン)

 

gold-crown.jpg金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できます。金は、比較的アレルギーの少ない金属なので、金属の溶け出しによる金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなります。

 

 

銀歯

kinnpara-1.jpg見た目は良くないが、強度が強く、強い力がかかる部位にでも使用できる。時間が経つと金属が錆びて溶け出し、稀に金属アレルギーなどを引き起こす可能性があります。