歯周病

歯周病とは、歯がグラグラ、お口が臭い!そんなイメージの怖い病気。まさか自分だけは... そう思っていらっしゃると思います。 原因は、 歯にこびりついた汚れ(バイ菌)です。この汚れが年々成長して歯の周囲の骨を腐らせて、最後には歯が脱落してしまいます。従って、歯が生えた直後からもうはじまっています... 誰でも例外なく!

もう少し詳しくご説明しますと...

  • 歯の周辺の組織に口の中の細菌が感染することが原因です。また生活習慣によって影響を受ける慢性疾患です。初期は歯肉からの出血や腫れですが、進行すると歯が大きく動き、最後は歯が抜け落ちるか、歯肉の大きな腫れや強い痛みを伴うようになっていきます。
  •  

    それ以外に、全身の病気ともかかわりがあります。

  • 歯周病により発症進行が促進されると考えられる全身疾患は心筋梗塞・狭心症、脳卒中、誤嚥性肺炎(寝たきりの高齢者などで口咽頭から吸引された細菌が増殖して肺炎を引き起こす)、糖尿病、低体重児早産、骨粗しょう症、掌蹠膿疱症などと指摘されています。
  • 正しい歯周病治療をうけて歯周病の進行をくい止めましょう。
  •  

     当医院では、

    歯周病は、「悪くなったら治療」ではなく、 「悪くならないように今すぐ予防」が必要と考えます。