ワイプラザ うさみ歯科医院
福井県福井市新保町7-9-1 ワイプラザグルメ館内1F
℡0776-52-0118(オーいい歯)
各種歯科検診も行っています。医院前のすまいるうさぎマークが、目印です。
 

5.診療案内

矯正歯科

2012年12月31日

1-1-1.JPG 治療前①

 

       

      

                                     yajirusi.JPG 

 

 

1-2-1.JPG   治療後①

 

 

 

 

 

2-1-1.JPG 治療前② 

 

     

       

                                     yajirusi.JPG   

 

 

 

2-2-1.JPG   治療後②

矯正治療の メリット

1.歯周病になりにくい歯並びに
矯正治療を行い歯並びを整えることで、歯磨きがやりやすくなり歯周病の原因であるプラークの磨き残しを減らすことができます。

2.虫歯に強い歯に
歯並びによっては、隙間や凹凸があると、食べ残しが挟まったままになったり、磨き残しができるため、虫歯になりやすくなります。矯正治療をすることで隙間をなくし、磨きやすく虫歯に強い歯並びにすることが可能です。

3.笑顔が素敵になり、人との出会いが楽しくなる
きらりと光る歯は、素敵な笑顔を作ります。これで、これまでの歯並びを気にするお悩みも解消。
積極的に人と会うことができます。

一般的な矯正治療では、通常4本の抜歯を必要とします。この抜歯が嫌で矯正治療を諦めた方も多いのではないでしょうか

当院では、噛むために重要な歯を抜かずに治療を行っていきます。
歯の本数が減らないことが何よりも安心です。
矯正治療は、症状によって個人差があります。当医院に来院時にご相談ください。

両親は子供に美しい笑顔をもってほしいし、お子様も健康で素敵な笑顔を持ちたいでしょう。

おとなも同じです。歯並びが良くなれば、美しい笑顔になれ、自信も生まれます。


美しく健康な笑顔で人生を!!

ホワイトニング

2010年6月21日

■ホワイトニング

 :オフィスホワイトニング(レーザーホワイトニング):

医院内で行う方法。
ホワイトニング材とレーザー光を使用して行います。


 

:ホームホワイトニング:

歯型から専用のマウスピースを作ります。
そこへ、ご家庭でホワイトニング薬剤(ジェル)を入れて行います。


 mouthpiece.jpg歯の型からマウスピースを製作します。

 

 

 

 

mouthpiece2.jpgマウスピースにホワイトニング薬剤(ジェル)を入れてお口の中に入れます。

 

white3_before.jpg

ホワイトニング前

white3_after_L.jpg

ホワイトニング後

 

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行うことにより効果は高くなります。

処置方法は、お口の状態によって違いますので、当医院に来院時にご相談ください。

虫歯の治療・審美歯科

2010年6月 2日

虫歯治療の方法にはいろいろありますが、基本は「取り除く」ことです。穴が開いてしまった状態では自然治癒しません。エナメル質が溶け出していない場合はもう一度石灰化(再石灰化)して元の健康なエナメル質に回復することもありますが、基本的には細菌に犯されてしまった病的な歯質は取り除く必要があります。

◆◆◆虫歯治療の方法◆◆◆
明らかな実質欠損を認める場合は、残念ですが歯を削らざるを得ません。また、C3以上の虫歯になりますと、いわゆる歯の神経を取り除くことも必要になり虫歯治療としてはかなり厄介です。ですが、歯根が健全な状態であれば根気よく加療することで機能的な歯に修復することが可能です。あきらめて放置しないで頑張って通院しましょう!

◆◆◆つめる、はめ込む、被せる◆◆◆
虫歯治療には大きく分けて3つの方法があります。それは「つめる」「はめ込む」「被せる」の3つです。

 

◆つめる◆

虫歯の範囲が狭い場合で、通常は一度の処置で治療は完了します。

 

◆型を取ってつめる(はめ込む)◆

虫歯の範囲が広い場合は、型を採る必要があります。最低でも二回以上の治療回数がかかります。

 

◆被せる◆

虫歯の範囲がさらに広い場合は、型を採り被せる必要があります。最低でも二回以上の治療回数がかかります。

   

【つめる

 konnpojitto-1.jpg 虫歯の部分を削った後に歯科用プラスチックをつめる方法です。

 

 

 

 

 

型を取ってつめる(はめ込む)

ハイブリッドセラミックインレー

  haisera-1.jpg

ハイブリッドセラミックインレーとは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレー(詰め物)です。

ゴールドインレー

hokenngai-innre-.jpg金合金で作られたインレー(型を取ってつめるつめ物)です。
貴金属は非常に錆びにくいため、金属の溶け出しによる金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなります。

 

銀の詰め物(メタルインレー)

innre-1.jpg主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属のつめ物です。

 

 

 

【被せる

 

ムシ歯のあとをキレイに治療する方法の一つで、大きなムシ歯による歯の損傷にも効果的です。必要最低限の歯の表面を削り、歯の前面にクラウン(冠)をかぶせ、固定します。歯の色、形、少しなら歯並びなども整えることも可能です。

:こんな方におすすめ: 

  • 差し歯が変色してしまっている
  • 重度の虫歯をキレイに治療したい
  • 歯茎の黒ずみが気になる

 [治療例]

セラミッククラウン

 

    治療前                           

             

         

変色例

 

 

 

        

 

      治療後

    

 

 

 

 

以前に、治療を行った被せ物が、吸水性があるため、臭いがついたり、変色することがあります。セラミックは吸水性がないため、臭いも変色もなく長く美しさを保ちます。

 

 

 

ハイブリッドセラミッククラウン

hybrid-ceramic-crown.jpgセラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウンです。セラミッククラウンよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。セラミッククラウンと比べると経年的な変色は、少しありますが比較的長く美しさを保ちます。

 

金歯(ゴールドクラウン)

 

gold-crown.jpg金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できます。金は、比較的アレルギーの少ない金属なので、金属の溶け出しによる金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなります。

 

 

銀歯

kinnpara-1.jpg見た目は良くないが、強度が強く、強い力がかかる部位にでも使用できる。時間が経つと金属が錆びて溶け出し、稀に金属アレルギーなどを引き起こす可能性があります。

 

予防歯科

2009年12月 2日
  • 歯科の大きな2つの病気は、虫歯歯周病です。

    むし歯 :プラーク=歯垢(しこう)中の細菌(さいきん)が作り出す酸(さん)によって

           歯が溶けていく病気です。

    歯周病:歯を支えている歯肉や骨におこる病気です。

  • むし歯や歯周病はバイ菌によって引き起こされる感染症です。ブラッシングの目的は、そのバイ菌をとることです。ブラッシングを日々行なうことによって、将来歯を失うリスクをずっと少なくすることができます。
  • 1日3回磨いていても各個人の癖があるために歯ブラシの毛先が当たらないでうまく磨けない部位が存在します。そこは歯のクリーニングを定期的に受けて口の中を爽快に保ちましょう。予防に勝る治療はありません。


むし歯や歯周病の予防には以下の方法があります。

1.ブラッシング
2.食生活の改善
3.フッ化物等による歯質の強化
4.プロフェッショナルクリーニング

1~3は患者さんご自身で予防できる方法です(3については、歯科医院で行う高濃度フッ化物塗布もあります)。
ところが100%自分の歯を管理するのは難しく、4を歯科医院でプラスすることで予防の効果がもっとアップします。
予防をすることでむし歯になりにくくなったり、歯周病を予防できます

フッ素

2009年12月 1日
自宅でのフッ素使用と、歯科医院でのフッ素塗布

 

虫歯の予防ということで、フッ素(フッ化物)という言葉を耳にされると思います。


自宅で使う歯磨剤に含まれるフッ素濃度は低濃度で、1000ppm以下と決められています。
歯科医院で行うフッ素塗布は、約9000ppmと高濃度です。

主に

低濃度のフッ素は、虫歯菌によって歯が溶け出すことを抑制し歯の再石灰化を促進します。

高濃度のフッ素はフルオロアパタイトの形成(歯質強化)をして、歯にバリヤーを張るイメージの効果があります。

 

きちんとハミガキしているのに、虫歯になった経験はありませんか?実はハミガキは意外と難しいものです。そのためきちんとハミガキしているつもりでもみがき残し(ばい菌のかたまり)ができてしまいます。そういったところは残念ながら虫歯になりやすくなります。

当医院では、みがき残しをできる限り少なくし、お口の健康を維持できればと考えます。
その補助として(フッ素には、抗菌作用により、虫歯菌の活動を抑制する効果もありますので)フッ素をお使いになると効果的です。もちろん、フッ素塗布のみが虫歯予防ではありません。

歯科医院での高濃度フッ素塗布を行わなくても虫歯予防を行うことはできますので、当医院に来院時にご相談ください。

歯を白くする

2009年10月20日

お肌にもさまざまな、お手入れのが必要なように、私たちの口の中にも配慮する必要があります。毎日、しっかりと歯を磨いていても、磨き残しを完璧に防ぐことは、なかなか難しいものです。一度歯に付着した、コーヒーステイン、たばこのヤニなどの色素や歯石は、通常のブラッシングだけでは、残念ながら取り除くことができません。そればかりか一度付着した色素や歯石は、歯の美しさを奪うだけではなく、口臭や虫歯、歯周病など、様々なトラブルの要因となります。


 

■プロフェッショナルが行う歯のクリーニング

専用の器具と専用のジェルで歯をクリーニングしていきます。

pmtc02-1.JPG pmtc-1.JPG

 

 

 

 

 

入れ歯の治療

2009年10月 9日

 

レジン床の入れ歯

 

rejin.jpgレジンというプラスチックを使用して入れ歯を作ります。
 それほど硬くないため、壊れやすいという欠点があります。

 

 

 

 

金属床の入れ歯

 

kinzoku.jpg正面からは見えませんが、入れ歯の中側が金属の板になっており薄くて快適に使用できます。また食べ物の温度も温度も伝わりやすく、食事を楽しめます。

 

 


 

 

バネのある入れ歯

 

baneari.gif歯にバネ(針金)をかけます。そのため歯に負担をかけたり、場合によっては、バネが見えます。

 

 

 

 

 

バネのない入れ歯

 

banenasi.gifバネが見えないので見た目は、いいです。

 

 

 

 

 

baneari2.jpgバネのある入れ歯の口腔内

 

 

banenasi2.jpgバネのない入れ歯の口腔内

 

 

 

 

磁石式入れ歯

 

jisyaku.jpg

 

 

jisyaku3.gif入れ歯に磁石を埋め込み、磁石がついている歯については、金具が見えず、見た目、機能性、快適性に優れています。

 

 

 

 

インプラント治療

2009年10月 2日

 従来の歯科治療では、歯がなくなると入れ歯にするか、健康な歯を削ってブリッジにするしかありませんでした。しかし、これらの方法は、残っている歯に負担をかけることになります。特に取り外し式の入れ歯は、安定感も悪く機能面や外観において満足できないものがありました。インプラント治療は、これらの問題を解決するために開発された最先端の歯科医療技術です。 

 全身疾患などにより、インプラント治療に適さない場合もありますので、当院では、残っている歯のむし歯や歯周病の状態を十分診断し、それらの治療を行ったうえで、レントゲン撮影等を行い、インプラント治療を行っております。

処置方法は、お口の状態によって違いますので、当医院に来院時にご相談ください。


 

【歯が1本抜けた場合】

     ブリッジ

illust_case01.gif従来の治療では、周りの歯を削ってブリッジにします

 

 


 

    
    ↓

   インプラント
 
illust_case02.gif健康な歯を削らず歯のない部分にインプラントを入れます

 

 

 

 

 

【歯が何本か抜けた場合】

    部分入れ歯

illust_case03.gif入れ歯を固定するためのバネ(針金)が見た目にも機能的にも不快と感じる方もいます

 

 

     

 
   インプラント

illust_case04.gifバネ(針金)付きの入れ歯ではないので、見た目もきれいです

 

 

 

 

 

【歯が全て抜けた場合】

    総入れ歯

illust_case05.gif入れ歯がズりして、痛かったりする場合もあります

 

 

 

     

   インプラント

illust_case06.gif定されるので、入れ歯のような不快感は少なくなります

 

 

 

 

 

歯周病

2009年9月25日

歯周病とは、歯がグラグラ、お口が臭い!そんなイメージの怖い病気。まさか自分だけは... そう思っていらっしゃると思います。 原因は、 歯にこびりついた汚れ(バイ菌)です。この汚れが年々成長して歯の周囲の骨を腐らせて、最後には歯が脱落してしまいます。従って、歯が生えた直後からもうはじまっています... 誰でも例外なく!

もう少し詳しくご説明しますと...

  • 歯の周辺の組織に口の中の細菌が感染することが原因です。また生活習慣によって影響を受ける慢性疾患です。初期は歯肉からの出血や腫れですが、進行すると歯が大きく動き、最後は歯が抜け落ちるか、歯肉の大きな腫れや強い痛みを伴うようになっていきます。
  •  

    それ以外に、全身の病気ともかかわりがあります。

  • 歯周病により発症進行が促進されると考えられる全身疾患は心筋梗塞・狭心症、脳卒中、誤嚥性肺炎(寝たきりの高齢者などで口咽頭から吸引された細菌が増殖して肺炎を引き起こす)、糖尿病、低体重児早産、骨粗しょう症、掌蹠膿疱症などと指摘されています。
  • 正しい歯周病治療をうけて歯周病の進行をくい止めましょう。
  •  

     当医院では、

    歯周病は、「悪くなったら治療」ではなく、 「悪くならないように今すぐ予防」が必要と考えます。