診療設備

○デジタルレントゲン

当院では、デジタルレントゲンを用いています。最大のメリットは、従来のレントゲンよりも被ばく線量が少ないことです。また、現像を行わないので、現像液などの廃液も出ないのもデジタルレントゲンのいいところです。環境にもやさしいのです。

  rentogen.JPG 

de.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

○レーザー治療

レーザーは、レーメスとして手術などに幅広く使われている事は御存知かと思いますが、他の作用として、殺菌・消毒・止血・鎮痛・消炎等の効果があります。歯科治療の中でも、最先端の治療法と言われるレーザー治療。当医院では炭酸ガス・レーザーを導入しています。炭酸ガス・レーザーは、治療時に痛みが少なくて済み、振動もありません。そのため、ある程度の治療が麻酔なしで行え、さらには菌の抑制にも繋がるため、歯周病治療、口内炎の治療などに使用されます。

歯周病のレーザー治療については、炎症がおこっている歯ぐきに照射します。レーザー光には、組織を活性化し、細胞の再生を促す働きがあります。

もちろん、歯みがきや歯石を取る(お口の中の細菌を減らす)治療を併用して行っていきます。

注:治療内容・方法等は個人の症状によって異なります。痛みについては、個人差があります。

   raser.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ○電動麻酔注射器・表面麻酔・無針注射器

当院では、患者さんの痛みを少しでも和らげられるよう、先ず、歯茎に表面麻酔を塗り、さらに電動麻酔器を使用していますので、麻酔注射をするときの痛みは少なくてすみます。場合によっては、注射針がない無針注射器を使うこともあります。

電動麻酔注射器                        無針注射器  oraster.jpg musin.jpg

 

○顕微鏡検査

 歯周病治療を行うにあたり、顕微鏡検査を取り入れ行うことも

あります。口腔内には細菌が存在しています。そのミクロの

世界を見るのが位相差顕微鏡です。『口の中には細菌がいっぱい!』

頭では分かっていても、実際に目にするとかなりの衝撃です!

普段は見ることの出来ないお口の中の細菌を見ることが出来ます。
細菌を実際に観察することでお口の状態をよく把握することができ、より患者さんに適した治療をすることができます。

位相差顕微鏡kenbikyou.jpg    顕微鏡画像 sample5.jpg