ブラッシング

  • 夜は長時間磨いてもらうためにながら磨きをお勧めします。バイ菌を機械的に取ることを目的に居間でテレビを観ながら、新聞を読みながら、考え事をしながら、あるいはお風呂に入りながらといったように、とにかく何かをしながら、またなるべく座って歯磨材をつけ過ぎずにゆっくり時間をかけて行う方法です。歯磨材をつけ過ぎると口の中が泡だらけになりすぐに洗面所に駆け込んでブラッシング終了となってしまいます。また歯磨材をつけ過ぎないで磨いた時、舌で歯をなめて磨き残しの確認が出来るというメリットもあります。